アジャイル開発

アジャイル開発(スクラム)では、デザイナーやエンジニアなど、多様なスキルを持つメンバー同士の協力が欠かせません。チームの構築、開発プロセスの策定後、デザイン、機能の実装、テストを実施します。

アジャイル開発の定義

アジャイル開発は、迅速で柔軟なソフトウェア開発アプローチで、短期間のサイクルで設計からリリースまでを繰り返します。スクラムはその中で広く使われ、小規模チームと定期的なミーティングで進行します。

アジャイル開発を採用すべき理由

アジャイル開発は新製品開発に最適で、市場や顧客の要求に迅速に応じる柔軟性と短い開発サイクルを提供し、品質保持とリスク低減が可能です。

アジャイルとウォーターフォールの違い

アジャイルは変更に対して柔軟で、顧客の要求に逐次対応します。一方、ウォーターフォールは線形で段階的なアプローチで、変更に対応しづらいです。アジャイルは流動的な要件に、ウォーターフォールは明確な要件に適しています。

アジャイル開発(スクラム)のポイント

アジャイル開発(特にスクラム)を成功させるためには、以下の重要なポイントを理解し、適用する必要があります。

Point1: スクラムチームの役割の明確化

スクラム開発にはプロダクトオーナー、スクラムマスター、開発チームが必要で、それぞれがバックログ管理、プロセスサポート、製品開発を担います。

Point2: 定期的なスプリントと反復

スクラムでは、1〜4週間のスプリントで開発を進め、各スプリント終わりにはレビューと次の計画を立てます。

Point3: コミュニケーションと透明性の強化

スクラムチームは定期的なコミュニケーションと透明性を保つためにデイリースクラムやスプリントレビュー会議を行います。

Point4: 継続的な改善と適応

スクラムでは、スプリントレトロスペクティブによるプロセスや作業環境の評価と改善が重要です。

Point5: 顧客との密接な協力

スクラム開発では顧客やステークホルダーと密接に協力し、プロダクトバックログを市場のニーズに合わせて更新します。

スクラム開発プロセス

スクラム開発では、プロジェクトを1〜4週間の「スプリント」という単位で区切ります。各スプリント内での活動は以下のように進行します。

  1. バックログの作成: プロダクト要件とタスクをリストアップし、優先順位を設定。
  2. スプリントプランニング: スプリントの目標を設定し、達成するためのタスクを決定。
  3. デイリースクラムミーティング: 日々の進捗を共有し、問題点を特定。
  4. スプリントレビュー: スプリントの成果を評価し、ステークホルダー向けにデモを実施。
  5. スプリントレトロスペクティブ: スプリントの反省点を振り返り、次回の改善策を検討。

支援内容

ブルーエッジは、スクラムチームの運営、プロダクトのUI/UXデザイン、Figmaを用いたプロトタイピング、MVPの構築、ユーザーフィードバックの収集、機能の追加と改善などを支援します。

実施体制

プロダクトマネージャーはお客様から選ばれ、ブルーエッジはプロダクトオーナー、スクラムマスター、デザイナー、エンジニアを提供する場合もあれば、お客様がプロダクトマネージャーとプロダクトオーナーを担い、ブルーエッジが残りの役割を担う場合もあります。お客様社内に開発チームが存在する場合は、プロダクトマネジメントのみを提供するサービスもあります。

お客様の課題に応じたソリューションをご提案いたします。お気軽にご相談ください。