IT戦略

事業が成長するにつれ、社内業務も複雑さを増していきます。効率的な社内業務を実現する上でIT戦略が重要な役割を担います。テクノロジーを活用して業務プロセスを最適化し、組織の競争力を高めます。

IT戦略とは

IT戦略とは、企業のビジネス目標やビジョンを支援し、達成するために情報技術をどのように利用するかに関する方針・計画であり、テクノロジー(ITサービス、ツール、ソリューション)を活用して、ビジネスモデルの効率化および最適化し、企業価値向上や競争力の強化を図るものです。

「攻めのIT」と「守りのIT」

「攻めのIT」とは、既存ビジネスの変革や新たなビジネス創出を目的としています。それにより収益増加、新規顧客獲得、営業力・販売力の向上を目指すものです。

一方、「守りのIT」は既存のビジネスモデルを変更せず、ITによるコスト削減や作業効率化を目的としています。例えば、セキュリティシステム保守、既存業務の自動化、ERPシステムの導入、ITインフラのクラウド化などがこれに該当します。

IT戦略の重要性

デジタル化が急速に進む中、効果的なIT戦略は、企業が市場の変化に迅速に対応し、新たなビジネスチャンスを捉えるための鍵となります。また、業務プロセスを最適化し、コスト削減や効率化を図ることで、企業の持続可能な成長と収益性の向上が期待できます。

IT戦略策定のポイント

Point1: 経営目標との整合性

IT戦略は、企業の経営目標と密接に連携しているべきです。テクノロジー投資がビジネス成長や市場競争力の強化に直接的に寄与するかを検討します。

Point2: 市場動向と技術トレンドの分析

市場のトレンド、競合の動向、そして新しい技術トレンドを分析し、それらを戦略に組み込むことで、革新的かつ競争力のある戦略を策定します。

Point3: リソースと予算の最適配分

利用可能なリソースと予算を効率的に配分し、重要な技術的取り組みに集中することで、戦略の実現可能性を高めます。

Point4: セキュリティとリスク管理

IT戦略には、データセキュリティとリスク管理計画を組み込むことが不可欠です。これにより、企業の資産と評判を保護することができます。

Point5: 柔軟性と持続的な改善

市場や技術の変化に柔軟に対応し、継続的な改善を行うことが重要です。これにより、戦略を常に現状に適合させることができます。

IT戦略策定プロセス

  1. ビジョンと目標の設定: 企業の長期的なビジョンとそれに基づく具体的なIT目標を設定。
  2. 現状分析と課題特定: 現在のIT環境、業務プロセス、技術的課題を分析し、改善点を特定。
  3. 戦略の策定: 課題に基づいて、達成すべきIT戦略を策定。新技術の採用やプロセスの改善も含む。
  4. 実行計画とリソース確保: 詳細な実行計画を立案し、必要なリソース(予算、人材、技術)を確保。
  5. 実施とモニタリング: 進捗を定期的にモニタリング。必要に応じて戦略や計画を調整。

支援内容

ブルーエッジのIT戦略策定サービスは、お客様との対話を通じて目指すべき将来像の策定し、現状とのギャップを埋めるためのロードマップと実行可能な計画の策定をサポートします。

具体的には、(1)経営戦略・事業戦略の把握・理解、(2)業務課題の把握・理解、(3)市場、競合、テクノロジーに関する動向調査と知見提供、(4)外部および内部環境に基づいた将来像とロードマップの策定、(5)ステークホルダーとの調整・報告を通じて、実行可能なIT戦略を策定します。

実施体制

IT戦略策定は、お客様のIT戦略立案・実行を担うチームのメンバーとブルーエッジのメンバーで構成されるプロジェクトチームで実施します。一般的に情報システム部門や事業部門におけるITチームなどが担当となることが多いです。

ブルーエッジの支援体制は、IT戦略やシステム導入に加え、ITによる業務改善の知見を持ったリーダー1名と調査や資料作成を担うスタッフ1〜2名の体制となることが多いです。支援体制はIT戦略の対象となる範囲によって変動し、必要に応じて特定の業界、業務、技術分野の専門家がアドバイザーとして参加することもあります。

お客様の課題に応じたソリューションをご提案いたします。お気軽にご相談ください。